2018年度深浦円覚寺古典籍保存調査プロジェクト成果報告会

2018年7月6日(金)場所:深浦町役場1階 町民文化ホール/12:30~15:00

2018年度深浦円覚寺古典籍保存調査プロジェクト成果報告会

2018年度深浦円覚寺古典籍保存調査プロジェクト成果報告会

 この度、「弘前大学深浦エコサテライトキャンパス平成30年度第1回公開講座、2018年度深浦円覚寺古典籍保存調査プロジェクト成果報告会 深浦新発見!-円覚寺の古典籍からわかること-」を開催いたします。
 深浦円覚寺(青森県西津軽郡深浦町)は、大同 2年(807年)に坂上田村麿が建立したと伝える真言宗醍醐派三宝院流の寺院です。北前船の寄港地である深浦において、航海の安全を守り、信仰を集めたお寺ですが、その秘仏のご本尊十一面観音が、2018年7月17日から31日まで、33年に一度のご開帳となります。
 円覚寺は貴重な文化財を数多く所蔵していますが、2017年より弘前大学が主体となって古典籍の調査を行ってきました。その結果、円覚寺の学僧が本山の醍醐寺で学んで来た密教や修験関係の貴重な書物が発見され、真言宗醍醐派の寺院としての歴史が解明されつつあります。
 まだ調査は始まったばかりですが、この一年間の調査結果を、地域の皆様に報告いたします。また今回は特別に、円覚寺の本寺である醍醐寺の聖教調査を率いておられる永村眞先生にお越しいただき、醍醐寺とその聖教について、また円覚寺との関わりについてわかりやすくご解説いただきます。円覚寺調査の報告は、調査に参加している町民、高校生、大学生も報告します。
 皆さまのご参加をお待ちしております。

イベント・お知らせに戻る