地域未来創生センターについて

地域未来創生センターは、地域の諸課題を将来的な視野に立って検討し、その解決方策を組織的に研究することや、地域の文化資源とその有効活用を組織的に調査・研究することをとおして、地域社会の発展に貢献することを目的としております。また、地域にまなざしをむけた教育プログラムを開発することにより、地域に貢献できる人材育成にも取り組んでおります。社会貢献活動として、各種イベントによる地域との交流を継続的に行っております。 このHPでは、最新の情報をお届けします。

センター長:李永俊(弘前大学人文社会科学部教授)

最新のお知らせ

   
2017.1
メディア関連陸奥新報『「自然栽培」でのコメ生産推進を』
2017.1
メディア関連陸奥新報[医師の献身的支え記録」
2016.12
メディア関連東奥日報「藩独自の写本複数発見」
2016.12
メディア関連陸奥新報「所蔵資料で見解紹介」
2016.11
メディア関連陸奥新報「出所者の更生 どう支援」
2016.10
メディア関連デーリー東北「三沢市の文化財どう活用」
   
2016.9
メディア関連陸奥新報「モザイク画通じ弘前と仏交流を」
   
2016.9
メディア関連陸奥新報「民俗資料の価値に理解」
   
2016.9
メディア関連東奥日報「フランス 身近に」

最新のイベント

2017.2
レポートセンターフォーラム「人口減少社会における持続可能な地域づくりを考える」
2017.2
終了センターフォーラム「人口減少社会における持続可能な地域づくりを考える」
2017.1
レポート消費者フォーラム in HIROSAKI
2017.1
レポート地域未来創生塾@中央公民館 第10回「人口減少問題の克服策を探る」
2017.1
レポート2016年度フォーラム「コメの自然栽培を考える」
2017.1
終了消費者フォーラム in HIROSAKI
2017.1
終了2016年度フォーラム「コメの自然栽培を考える」