概要

本研究の目的は、東日本大震災の発生直後から、津波で壊滅的被害を受けた北リアス地域の被災住民支援活動に関与し、現地でボランティアとして恊働してきた社会科学系研究者が、支援・交流の経験と専門分野の知見を活かした震災復興策を、地域住民とともに構想することにあります。

研究代表者:李永俊(弘前大学人文学部教授)

概要イメージ

ページトップに戻る