弘前大学人文社会科学部同窓会

同窓会名変更について

 2016年度の弘前大学学部改革により学部名が人文学部から人文社会科学部へ変更となり、本日まで人文学部同窓会の名称のまま人文社会科学部卒業予定者を含んだ形で同窓会の事業を継続してきましたが、2020年3月に最初の人文社会科学部卒業生が出ることを踏まえ、2019年7月6日より人文学部同窓会は、人文社会科学部同窓会へと名称を変更いたしました。

弘前大学人文社会科学部同窓会の事業内容

  • 卒業祝賀会と大学院修了祝賀会を、人文社会科学部の教員団体である親和会との共催でおこないます。
  • 毎年の卒業・修了祝賀会で、優れた成果をあげた学生、学業成績の秀でた学生、本学の名誉となる活動をした学生に同窓会会長賞を贈呈しています。
  • 卒業生と在校生の交流活動、就職懇談会を行います。
  • 全学同窓会の構成員として活動に参加します。

弘大・人文は今

  • 人文学部は平成28年度より人文社会科学部として新たなスタートを切りました。
  • 人文社会科学部の1学年の入学定員は265名であり、新学部は文化創生課程と社会経営課程の2課程のもと、文化資源コース、多文化共生コース、経済法律コース、企業戦略コース、地域行動コースの5コースから組織されています。

弘大・人文頑張っています

  • 数年前の人文社会科学部卒業生で司法試験合格者がでました。(因にこの方は中国論を専攻された人です。)
  • 今年の4年生が日本銀行、JETROに採用されました。
  • 今年の4年生2人が公認会計士の試験に合格しました。会計大学院から受験することが多いなかで、学部在学中の合格は異例です。

このページの先頭へ戻る