トップページ > 大学院案内

大学院案内

※受験・入学を考えている方への情報はこちらです。

本研究科の特徴

 弘前大学大学院 人文社会科学研究科(修士課程)は、人文科学・社会科学の教育を通じて、高度専門職業人や研究者となる人材を養成する大学院です。

 本研究科には、人文科学系の「文化科学専攻」と社会科学系の「応用社会科学専攻」が置かれています。

 各専攻には、修了後の進路に応じて、「総合文化社会研究コース」、「地域人材育成コース」、「国際人材育成コース」が置かれています。
 「総合文化社会研究コース」は、研究者となる人材や高度職業人を育成します。
 「地域人材育成コース」は、地域のリーダーとしての人材を育成します。
 「国際人材育成コース」は、国際社会で活躍する人材やグローバルな人材を育成します。

 修了生の多くは、民間企業や地方自治体に就職しています。


文化科学

文化科学専攻では、現代社会を作り上げた人間とその歴史、文化のさまざまな在り方について深くかつ広い視野から探求し、そこから見出される叡智を未来に生かし得る人材を育成することを目的とします。おもに1) 人間の営みである歴史や、そこから生まれ、現代まで継承されてきた有形・無形の文化遺産等、2) 国際文化という視点から展開される、特定の思想家や人々の精神活動の所産として生み出された思想や言語文化等、3) 言語の構造やコミュニケーションの基礎的な過程、文化システム間の交流や変容等を対象とする専門科目を中心に、教育課程が編成されています。


応用社会科学

応用社会科学専攻では、経済学、経営学、法学、政治学、社会学等、社会科学全体を横断的に連携させ、高度な専門教育を行うとともに、複雑化・高度化しつつ進展する社会経済システムを多角的かつ複合的な視点から把握し分析する能力を有する人材を育成することを目的とします。おもに1) 地域政策の形成や実施に携わっていく専門性の高い人材の育成、2) 企業活動等を取り巻く時代・環境状況の変化に対して、主体的かつ迅速に対応できる新たな高度専門職業人としての実践力の涵養を目的とする専門科目を中心に、教育課程が編成されています。

このページのトップへ戻る