トップページ > 大学院案内

大学院案内

人文社会科学研究科の特色

 弘前大学人文社会科学研究科(修士課程)は、人文科学・社会科学の教育を通じて、高度専門職業人や研究者となる人材を養成する大学院です。


専門研究と領域横断研究の重要性

 現在、グローバル化の進展にともなって、世界全体が価値の多様化の方向へと進んでいます。同時に、近年の実社会が直面する諸課題は、互いの共生を強く意識した判断や対応等を必要とするものへと複雑化・多様化しています。
 その一方で、たとえばすぐれた独自文化を守るために学問的知見を積極的に活用し、次世代を育てるような動きが生まれています。これらは自律的かつ共生的な動きで、世界各地で新しい力をもちはじめています。
 複雑化・多様化する現象を理解するには、人類の歴史や文化、社会の成り立ちを、根本から考えることが必要です。また、そこで生じた新しい動きを理解するには、たとえば文化芸術に対する深い知識、人類の共生に対する歴史的・国際的理解、変化する政策・制度に対する分析評価方法などの専門知を究めるとともに、複数の専門領域にわたる理論・方法論を活用する柔軟性が重要になります。


カリキュラムの特色

 カリキュラムの特色は次の通りです。

・人文社会科学分野の専門研究に必要とされる技能の向上のための「専門技能系科目」を設置
・体系的に編成された100以上の科目からなる「専門科目」を開講
・人文社会科学の複数の専門領域にわたる理論・方法論を領域横断的に活用するための「多領域横断型科目」を設置
・研究指導に特化した科目として「特別研究/プロジェクト研究」を実施
・全コース共通の教育プログラムである「修士学位論文等中間報告会」「修士学位論文等成果発表会」を開催


3つのコース

 本研究科は、「人文社会科学専攻」の一専攻構成とし、その下に「文化芸術コース(文化財論、日本語・日本文学、思想・芸術科学)」「現代共生コース(言語科学、歴史地域学、国際地域論、現代法政論)」「政策科学コース(経済・統計分析、政策評価、会計情報)」の三コースを設置しています。

専攻 コース 研究指導分野
人文社会科学専攻 文化芸術コース 文化財論 日本語・日本文学
思想・芸術科学
現代共生コース 言語科学 歴史地域学
国際地域論 現代法政論
政策科学コース 経済・統計分析
政策評価 会計情報
このページのトップへ戻る