トップページ > 大学院:三つの方針

大学院:三つの方針

弘前大学大学院人文社会科学研究科<修士課程>

1.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

1)概要
高度で特色ある教育・研究を通して,地域社会の課題や日本全体の社会変化・制度変動に対応できる高度専門職業人の養成を目的とします。

【文化科学専攻】
現代社会を作り上げた人間とその歴史,文化のさまざまな在り方について深くかつ広い視野から探求し,そこから見出される叡智を未来に生かし得る人材の養成を目的とします。

【応用社会科学専攻】
経済学,経営学,法学,政治学,社会学など社会科学全体を横断的に連携させ,高度な専門教育を行うとともに,複雑化,高度化しつつ進展する社会経済システムを多角的かつ複合的な視点から把握し分析する能力を有する人材の養成を目的とします。

2)求める学生像
・ 学術の深奥を究めようとする人
・ 中学校、高等学校教諭の専修免許状を得るなどして,高度資格社会に対応しようとする人
・ 地域社会・グローバル社会において活躍しようとする人
・ 社会の経験に基づいて専門性を高め,スキルアップを図ろうとする人 など

【文化科学専攻】
・古今の文化現象について,史資料やデータにもとづき,論理的で綿密な考察を行うことにより,人間社会の深層を明らかにしたい人
・現代社会を作り上げた人間とその歴史,文化のさまざまな在り方について深くかつ広い視野から探求し,そこから見出される叡智を未来に生かすことを考えている人

【応用社会科学専攻】
・国家の役割,社会のありかた,経済のメカニズム,人間行動の実態に複眼的に切り込み,洞察を深めたい人
・経済学,経営学,法学,政治学,社会学などの社会科学全体を横断的に連携させて,複雑化,高度化しつつ進展する社会経済システムを多角的かつ複合的な視点から把握し分析することを考えている人

3)入学前に身に付けておいてほしいこと
大学院において,より専門的な学術研究に従事していくため,研究内容や成果を論文(レポート)の形にまとめることは,有意義で重要なステップとなります。
また,それぞれの専門に必須な語学(古典語を含む)を意識的に修得しておくことも求められています。
さらに,中学校,高等学校の専修免許状取得を希望する場合は,学部において一種免許状を取得しておくことが望まれます。

4)入学者選抜の基本方針
文化科学・社会科学に関する基礎学力,より専門的な知識・技術を探求する意欲や計画等を評価するために,次の方法で入学者選抜を行います。

(1)一般選抜
  専門科目(筆記試験)及び口述試験の結果を総合して選抜します。
  (成績証明書・研究計画書は、口述試験の基礎資料として使用します。)

(2)推薦特別選抜
  口述試験により選抜します。
  (成績証明書・研究計画書は,口述試験の基礎資料として使用します。)


2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

人文社会科学研究科(修士課程)では,人材養成の観点に立った本研究科の教育目標に沿って,教育課程編成の方針(カリキュラムポリシー)を専攻ごとに,以下のように定める。

【文化科学専攻】
・古今の文化現象について,史資料やデータにもとづき論理的で綿密な考察を行うことをつうじて,人間社会の深層を明らかにする能力を養う。
・修得した専門知識・技能にもとづき,地域や国際社会で求められる文化の継承・発展をとおして,国や地域の振興につなげることのできる能力を養う。

【応用社会科学専攻】
・国家の役割,社会のありかた,経済のメカニズム,人間行動の実態を複眼的にとらえ,それらに対する洞察を深めることのできる能力を養う。
・修得した専門知識・技能を横断的に連携させて,地域や国際社会で求められる社会経済面での諸政策の立案・実施等につなげる能力を養う。


3.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

人文社会科学研究科(修士課程)では,人材養成の観点に立った本研究科の教育目標に沿って,学位授与の方針(ディプロマポリシー)を専攻ごとに定めて,以下に該当する者に対して「修士(人文社会科学)」の学位を与える。

【文化科学専攻】
・人文科学分野の諸領域に関する高度な専門知識・技能を習得していること
・修得した専門知識・技能にもとづき,地域や国際社会で求められる文化の継承・発展をとおして,国や地域の振興につなげることのできる実践力・応用力を身につけていること

【応用社会科学専攻】
・社会科学分野の諸領域に関する高度な専門知識・技能を習得していること
・修得した専門知識・技能にもとづき,地域や国際社会で求められる社会経済面での諸政策の立案・実施等につなげることのできる実践力・応用力を身につけていること

このページのトップへ戻る