トップページ課程・コース・教員紹介 > 社会経営課程 企業戦略コース

企業戦略コース

 企業戦略コースでは、企業・非営利組織の経営に要求される専門知識・思考、分析判断力の習得を基本に、ビジネス社会で不可欠な課題解決力を高める教育を進めています。経営・会計の理論だけでなく、北東北や北海道などの実情や事例等の地域的要素を盛り込むことによって、企業が直面する諸課題を世界的かつ地域的視点から地域産業の育成と発展に寄与する人材を育成しています。地域企業と連携して商品開発計画や販売企画の考案などを実践的に学習するビジネス戦略実習などの科目も開講されます。
 中央省庁と企業等からの支援と協力を受けて、観光に関する科目を拡充します。起業家的な発想力と行動力をもってサービス産業で活躍できる人材の育成を積極的にすすめています。

企業戦略コースオリジナルサイトはこちら

コースの特色

経営へ生かす実践力を養う

企業や非営利組織などを対象にして、企業経営に必要な経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)をどのように活用すれば成果が期待できるかについて、講義・実習・演習を通じて学びます。

会計を理解して資格取得を

会計分野では企業や非営利組織などの開示情報の内容や作成のルールなどを学びます。企業行動との関連性を考え財務諸表を読む力を身につけます。会計の科目は資格試験に結びつきます。

社会で活躍できる人材へ

地域企業との連携をもとに、事業を企画するために必要な知識を習得し、課題発見力・課題解決力・企画提案力・コミュニケーション力を高め、グローバル化が進む社会で活躍できる人材を育成します。

コースの詳細

コースの主な科目と卒業研究テーマ例

主な科目
【基本科目】
(経営学入門、会計学入門、経済学入門、統計学入門)

【コア科目】
(経営戦略論、ベンチャービジネス論、簿記システム)

【基礎科目】
(経営管理論、経営組織論、マーケティング論、企業経営史、地域データ分析、財務会計、管理会計、原価計算)

【発展科目】
(現代企業論、社会的企業論、グローバル経営論、税務会計、地域イノベーション論)

【実習・演習科目】
(ビジネス戦略実習、事業計画演習)

卒業研究テーマ例
・北海道新幹線開業が北東北・北海道の旅客市場に与える影響
・市場販売目的ソフトウェアに関する会計処理
・ソーシャル・イノベーションの普及プロセスにおけるステイクホルダーの変容
・地域活性化における地域企業の戦略行動
・地域ブランドのマネジメントと生産者活動 ―嶽きみの産地化の事例
・マーケティングの観点から見た地域公共交通
・現代における商店街と大型店の関係性
・人ロ減少社会における地域金融機関
・青森県産りんごにおける中国・台湾市場の現状と今後の輸出販路拡大における課題
・日系自動車メーカーのタイ拠点における機能高度化について

企業戦略コースオリジナルサイトはこちら


このページのトップへ戻る