トップページ > 学部:アドミッションポリシー

学部:アドミッションポリシー

弘前大学人文社会科学部

1 概要
 多元的な文化理解と多様性認識、地域文化を含む自国の文化の創造力と発信力の養成に力を入れつつ、地域課題を含む現実の課題の解決に重点をおいた実践型教育を提供します。
 このような教育を通じて、地域社会の活性化に寄与する人材の育成を目指します。

2 求める学生像
・多元的な文化理解に立って多様性認識を養い、地域の伝統文化を含む自国の文化の価値を理解し、新たな文化を創造・発信することに強い関心をもつ人
・地域の諸課題をはじめ、現代社会が直面するさまざまな課題に目を向け、その解決への積極的な取組みをとおして、社会に貢献することに強い関心をもつ人

3 入学前に身に付けておいてほしいこと
 弘前大学人文社会科学部には、文化創生課程・社会経営課程の二課程があります。いずれの課程で学ぶ場合も、高等学校の学習内容はとても重要です。人文社会科学分野の学問の基礎をなすものとして、国語(現代国語、古文、漢文、国語表現など)や外国語(英語のほか、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語など)の勉強によって養われるコミュニケーション能力、数学や情報の勉強によって養われる数学的思考力、数的処理能力や情報処理能力、社会(世界史、日本史、地理、現代社会、倫理、政経、倫理・政経など)の勉強によって養われる歴史・文化や社会に関する基礎的な知識を身に付けておく必要があります。
 1年次には、英語で実施する講義もあります。その備えとして、英語などの外国語の検定資格(実用英語技能検定2級など)に挑戦し、外国語の運用能力を鍛えておいてください。

4 入学者選抜の基本方針
(1)前期日程
 高等学校修了レベルの学習の達成度を評価するという観点から、大学入試センター試験の結果、個別学力検査の結果、及び調査書の内容を総合して選抜します。
(2)後期日程
 高等学校修了レベルの学習の成果を幅広く応用・展開し、さまざまな課題を多面的に把握し解決するための資質・能力を評価するという観点から、大学入試センター試験の結果、個別学力検査(小論文)の結果、及び調査書の内容を総合して選抜します。
(3)AO入試Ⅰ
 人文社会科学部のアドミッション・ポリシーを正しく理解したうえで、本学部の教育カリキュラムにもとづく主体的な学修を進めていくための資質・能力、適性、意欲・関心を評価するという観点から、個人面接、小論文、学習計画書・調査書の採点結果を選抜します。

文化創生課程

1 概要
 人文科学分野の専門知識・技能を学びつつ、国内外の歴史文化を理解する力、地域の伝統文化を含む自国の文化的価値を創造し、発信する力を身に付けます。以上の学習をとおして、地域の文化振興や地域社会のグローバル化の推進等に寄与する人材の育成を目指します。

2 求める学生像
・国内外の有形・無形の文化(埋蔵文化財、美術工芸品、民俗・宗教、思想文化など)について正しく理解し、それらを人類共通の文化遺産として次世代に伝えていくことに強い関心をもつ人
・英語をはじめとする外国語の運用能力を身に付け、国内外の歴史・文化を正しく理解し、世界情勢を的確に見極めながら、地域社会のグローバル化の推進に寄与することに強い関心をもつ人

社会経営課程

1 概要
 社会科学分野の専門的知識・技能を学びつつ、現実の課題解決に役立つ実践力を身に付けます。
以上の学習をとおして、自治体等の政策立案、民間企業の経営戦略、地域住民との協働などの場で課題発見や課題解決のための力を主体的に発揮し、社会に寄与する人材の育成を目指します。

2 求める学生像
・経済学と法学の専門知識を学び、それを実践的に活用する能力を身につけ、自治体や法律関係の機関の専門家として活躍することに強い関心をもつ人
・経営学と会計学の専門知識を学び、企業が直面する諸課題を解決する実践力を身に付け、地域産業の育成と発展に貢献することに強い関心をもつ人
・社会学の理論と方法、統計・情報処理の技能を身に付け、現代の地域社会が直面する諸課題を多面的に把握し、その解決に寄与することに強い関心をもつ人


このページのトップへ戻る