トップページ学部:在学生の方 > 学生生活情報

学生生活情報

学費等入学料、授業料の免除制度奨学金について補償弘前大学の学生寮について
学生の支援体制について

学費など

○入学料 282,000円  ○授業料 535,800円(年額)/267,900円(半期)
※入学料、授業料ともに予定額です。
※在学中に授業料改定が行われた場合は、改定時から新授業料が適用されます。入学料、授業料の他に別途教科書代が必要になります。各学部によって金額は違いますが、目安として約15,000円から30,000円程度です。また、辞書や参考書などは別途費用が必要になります。
→詳しくはコチラから

入学料、授業料の免除制度

学生生活情報【入学料免除、徴収猶予】
入学前1年以内において、学資負担者が死亡又は風水害等の災害を受けるなど特別な事情により入学料の納付が著しく困難であると認められる場合又は入学料の納付期限までに納付が困難であると認められる場合には、本人の願い出により選考のうえ、入学料を免除又は入学料の徴収の猶予(延納)を許可されることがあります。

【授業料免除、徴収猶予(延納及び月割分納)】
経済的理由等によって授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合は本人の願い出により選考のうえ、免除又は延納・月割分割を許可されることがあります。

新入学生で、免除等を希望する方は、入学手続の際に必要書類を添えて申込みしていただきます。合格発表から入学手続までの期間が短い入学試験もあるので、必要書類は、あらかじめ本学の学生課へ請求しておく必要があります。各学生募集要項で詳しい請求方法を案内していますのでご覧ください。

在学生で、免除等を希望する方は、各期ごとに申請が必要です。スケジュールは提示によりお知らせします。

奨学金について

学業・人物ともに優れ、経済的理由により修学が困難と認められる者に対し、本人の申請に基づき、選考の上、奨学金が貸与されます。

【日本学生支援機構】
日本学生支援機構の貸与奨学金制度には、第一種奨学金(無利息)と、第二種奨学金(利息付)があります。第二種奨学金の利率は年3%が上限です(在学中は無利息です。)。貸与月額等の詳細はこちらからご確認ください。

日本学生支援機構の他にも、地方公共団体や民間団体等の実施する奨学制度、本学独自の奨学金制度があります。
→詳しくはコチラから

補償

詳細は入学手続後配付されるパンフレットをご覧になるか、学生課にお問い合せください。

【学生教育研究災害傷害保険】
正課中、学校行事中、に生じた急激かつ偶然な外来の事故によって身体に対して、医療保険金等が支払われます。

【学生教育研究賠償責任保険】
正課中、学校行事およびその往復途中等で、他人にけがをさせたり他人の財物を損壊したことにより被る法律上の損害賠償を補償します。

弘前大学の学生寮について

本学には、全部で3つの寮があります。

【寮名(収容人員)】
学寮名 対象 定員 構造 室数 住所
北溟寮 男子 106人 鉄筋4階建1人部屋
留学生混住型
106室 弘前市緑ヶ丘1-8-4
北鷹寮 男子 200人 鉄筋5階建2人部屋 100室 弘前市学園町1-1
朋寮 女子 234人 鉄筋5階建2人部屋 117室

※机、椅子、ベッド、本棚、ロッカーは設置してあります。


1ヶ月当たりの経費は北溟寮が月額42,000円程度、北鷹寮と朋寮が月額30,000円程度です。主な内訳は、寄宿料、食費(朝夕2食)、光熱水料等です。寄宿料以外の経費は、寮によって差があります。食事は朝夕2食ですが、日曜日と祝日は食事がでません。

各寮からキャンパスまでの距離及び所要時間については下記をご参考ください。
北溟寮 → 文京町キャンパス 距離 1.8km 時間(徒歩18分、自転車8分)
本町キャンパス 距離 2.1km 時間(徒歩21分、自転車10分)
北鷹寮・朋寮 → 文京町キャンパス 距離 2.0km 時間(徒歩20分、自転車10分)
本町キャンパス 距離 4.5㎞ 時間(徒歩45分、自転車20分)

入寮を希望する方は、まず「入寮案内(入寮願書含)」を請求してください。請求方法は、「郵送」・「弘前大学ホームページから所定の様式をダウンロード」と2通りできます。「入寮案内(入寮願書含)」の配布は、11月下旬頃を予定。入寮願書受付期間は、特別選抜は1月上旬頃、前期日程及び後期日程は2月上旬頃を予定しております。詳しくは、下記担当へお問い合せください。
〒036-8560 弘前市文京町1 弘前大学学務部学生課「学生支援グループ」 TEL0172-39-3107
→詳しくはコチラから

学生の支援体制について

学生生活情報 【オフィスアワー】
本学では、学長を含むすべての教員がオフィスアワーを設けています。オフィスアワーとは、教員が各自の研究室において、学生からの履修相談や進路相談などについて学生と一緒に考えるための特定の時間帯です。

【学生担任制度】
学生の大学における学習や生活等の相談に対し、具体的に指導・助言することにより学生の大学生活の支援を強化する目的で、「学生担任制度」を導入しています。各学部ではクラスを編成し各クラスに担任教員を配置して学生が気軽に相談できるクラスアワー等の時間を設けています。

【学生相談担当】
履修・単位取得(なんでも相談コーナー)・進路・授業料免除・奨学金などの授業や学生生活に関することのほか、「どこへ聞いたらよいか分からないこと」などの相談窓口です。相談内容によって、より適任者・担当係等を紹介するなど、できるだけ早く問題解決できるようにしています。
希望者は学生課に連絡して下さい。メールでの相談にも応じています。
電話:0172-39-3112
E-mail:jm3112@hirosaki-u.ac.jp
また、カウンセラーがメンタル面での相談・カウンセリングを行っています。
カウンセリングの予約についてはこちらから[相談窓口のご案内](メンタルヘルス)

【学生特別支援室】
障害等による修学・生活上の困難の軽減・解消等についてコーディネーターが相談に応じています。
コーディネーターは、障害による修学上の困難軽減等の相談のほか、次のような内容の相談にも応じています。
 ●自分の言いたいことをうまく伝えられない   ●融通がきかないと言われる
 ●人間関係がうまく行かない、孤立してしまう  ●板書をうつせない
 ●本を読むのに時間がかかる          ●課題が重なるとこなせない
 ●集中が続かず、課題がこなせない       ●レポートの書き方がわからない
希望者は、学生課に連絡してください。
電話:0172-39-3266
E-mail:g-shien@hirosaki-u.ac.jp

このページのトップへ戻る