やさしい
日本語
日本語観 日本の
言語外交
卒業研究 これまでの
活動
青森県の
方言
サイトマップ

お問い合わせ ホーム



減災のための「やさしい日本語」


 「やさしい日本語」を多くの人に知ってもらうため、
        英語・中国語・韓国語のページを作成し紹介しています。

ENGLISH 中文 한국어


「やさしい日本語」は外国人にわかりやすい日本語です。
災害が起きたときに有効なことばとして考案されました。



 <ページ内リンク>
「やさしい日本語」カテゴリーⅠ

災害発生後72時間以内の情報を
伝えることを目的としています



「やさしい日本語」カテゴリーⅡ
災害発生後72時間以内に限らない生活情報を
伝えることを目的としています




  



  

「やさしい日本語」カテゴリーⅠ


「やさしい日本語」とは、普通の日本語よりも簡単で、
外国人もわかりやすい日本語のことです。
これは、地震などの災害が起こったときに有効なことばです。


1995年1月の阪神・淡路大震災では、日本人だけでなく
日本にいた多くの外国人も被害を受けました。
その中には、日本語も英語も十分に理解できず
必要な情報を受け取ることができない人もいました。

そこで彼らが災害発生時に適切な行動をとれるように
考え出されたのが「やさしい日本語」です。



「やさしい日本語」についてよくある質問の一覧です 
⇒「やさしい日本語」のQ&Aへ


  「やさしい日本語」についてより詳しく知りたい方はこちらへ
⇒「やさしい日本語」目次へ






「やさしい日本語」のパンフレットを以下からダウンロードすることができます。
下図のように張り合わせ、3つ折りにしてお使いください。 
 


「やさしい日本語」パンフレットのダウンロード(PDF)

        
〈外側〉



〈内側〉




下の二つの文章を読み比べてみてください。


文章A
けさ7時21分頃、東北地方を中心に広い範囲で強い地震がありました。
大きな地震のあとには必ず余震があります。
引き続き厳重に注意してください。
皆さんおちついて行動をお願いします。
ガス臭いようなところがありましたらマッチを擦ったり、
照明のスイッチをつけたり、消したり、ということはしないでください。
弘前市は断水や停電となり、市民の生活は麻痺しています。
中心部の雑居ビルが完全に崩れ落ちています。


文章B
今日(きょう) (あさ) 7()21(ぷん)、 東北地方(とうほくちほう)で (おお)きい 地震(じしん)が ありました。
(おお)きい 地震(じしん)の (あと)には 余震(よしん)(あと)から ()る 地震(じしん)>が あります。
()をつけて ください。
()を 
使(つか)わないで ください。
火事(かじ)に ()をつけて ください。
弘前市(ひろさきし)は (みず)と 電気(でんき)が 使(つか)えません。
地震(じしん)で (たお)れた 建物(たてもの)に ()をつけて ください。





文章Aは阪神・淡路大震災のときに、
実際にラジオで放送された文を弘前市向けにしたものです。
詳しく書いてあって、たくさんのことがわかります。

文章Bは、文章Aよりも情報量は少ないですが、
読んですぐに内容がわかります。

文章Bのほうが理解しやすく、
日本語に不慣れな外国人にもわかりやすいと思います。
なぜなら、文章Bは一つ一つの文章が短くすっきりしていて、
難しいことばを使っていないからです。

文章Bで使っていることばが「やさしい日本語」です。





  



  

「やさしい日本語」カテゴリーⅡ


「やさしい日本語」カテゴリーⅡは、
発災後72時間以内に限らない日頃からの生活情報を
外国人の皆さんへわかりやすく伝えることを目的としています。


現在、「やさしい日本語」は発災後72時間以内で
想定される場面に限らず、さまざまな用途で使われています。

たとえば、自治体や外国人支援団体の皆さんが作る
日本に住む外国人向けの生活情報誌や、
行政窓口外国人対応マニュアルなどで使われています。

しかし「やさしい日本語」カテゴリーⅠのルールでは、
語彙や拍数などの制限が厳しいため、
生活情報を十分に言い表すことができません。

そこで私たちは、カテゴリーⅠの活用範囲を広げ、
発災後72時間以外の生活情報誌での表現に対応した
「やさしい日本語」をカテゴリーⅡとして提案します。


「やさしい日本語」の活用を災害時だけでなく
日頃からの生活情報へ広げることで、
情報を伝える側と、受け取る側のそれぞれが
普段から「やさしい日本語」の文を
作ること・読むことに慣れることができます。
このことで災害時の情報伝達がよりスムーズになると考えます。



「やさしい日本語」カテゴリーⅡについてより詳しく知りたい方はこちらへ 
⇒「やさしい日本語」カテゴリーⅡとは


  「やさしい日本語」についてより詳しく知りたい方はこちらへ
⇒「やさしい日本語」目次へ




 




先頭へ ホーム
QLOOKアクセス解析