やさしい
日本語
日本語観 日本の
言語外交
卒業研究 これまでの
活動
青森県の
方言
サイトマップ


お問い合わせ  ホーム


 教えて!やさにホウ博士! 


Q1
「やさしい日本語」はどうやってできたのですか?
なぜ弘前市が「やさしい日本語」の発信地になったのですか?

Q2
どうして「やさしい日本語」で伝えるのですか?
英語や中国語ではだめなのですか?

Q3
「やさしい日本語」は本当に有効ですか?


Q4
旧日本語能力検定試験3級程度とはどの程度なのですか?

Q5
どうすれば「やさしい日本語」を作ることができますか?

Q6
『増補版・災害が起こったときに外国人を助けるためのマニュアル』を見たいのですが、どこで見ることができますか?

Q7
『増補版・災害が起こったときに外国人を助けるためのマニュアル』が欲しいのですが、どうすれば入手できますか?

Q8
「やさしい日本語」は実際に活用されていますか?
具体的に教えてください。

Q9
実用化にあたっての問題点は何ですか?

Q10
どうして研究室のホームページを「やさしい日本語」で表示しないのですか?

Q11
「やさしい日本語」の研究にはどんな人たちが携わっているのですか?

Q12
どうして「『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」を作ったのですか?

Q13
「増補版『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」は、これまでのホームページにあった「『やさしい日本語』の作り方」と同じものですか?
もし違うとしたら具体的にどう違うのでしょうか?

Q14
「増補版『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」は2013年刊行のマニュアルとどう違うのですか?

Q15
「増補版『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」ではどんな工夫をしたのですか?

Q16
「増補版『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」を欲しい人はどうすればいいのですか?

Q17
どうして、Eラーニング版「わかる! 伝わる! はじめての『やさしい日本語』〜基礎文法編〜」を作ったのですか?

Q18
 
「やさしい日本語」は全国でどのくらい普及しているのですか?
Q19
ラジオや防災無線の放送による読み方スピードについての質問です。
単文は400拍/分で、連文は360拍/分と結果が違っていますが、どちらが良いのですか?



Q1 「やさしい日本語」はどうやってできたのですか?
なぜ弘前市が「やさしい日本語」の発信地になったのですか?
A1  1995年の阪神淡路大震災に際して、日本の地域社会へ入り込んだ外国人の話している言語が予想以上に多様であること、また、日本語以外のことばによる緊急時の情報対応が未整備であることが浮かび上がりました。
 国際防災の10年国民会議事務局(財)都市防災研究所(1995)『阪神淡路大震災における在日外国人被状況調査』によると、日本人と外国人それぞれ100人あたりの負傷者数で見ると、外国人の方が高い割合で被災していることがわかります。
           
 そこで弘前大学社会言語学研究室では、方言研究で培ってきた調査の方法と、1990年代に行っていた国際社会における日本語の役割研究の蓄積を元に、内なる国際化への具体的な対策として「やさしい日本語」を提案できるのではないかと考え、学生たちが中心となって継続的に何が問題であり、どう解決するべきかを研究しています。




Q2 どうして「やさしい日本語」で伝えるのですか?英語や中国語ではだめなのですか?
A2  理想は、被災地に住んでいるすべての外国人のことばに翻訳して伝えることです。しかし、災害が起きた直後の情報を、世界各国のさまざまな外国語に翻訳して情報を流すには時間がかかります。英語や中国語に翻訳すれば良いのではと思うかもしれませんが、日本に住む外国人の中には、英語や中国語がわからない人もいます。「やさしい日本語」は彼らがいつも使っている、買い物をしたりバスに乗ったりできる程度の日本語で作られているので、多くの外国人に災害時の情報を伝えることができます。また、日本語を話せる人ならば誰にでも比較的容易に作ることができるという利点もあります。




Q3 「やさしい日本語」は本当に有効ですか?
A3  2005年に弘前市で公開実験を行い、「やさしい日本語」を検証した結果、有効であることが証明されました。外国人を普通の日本語と「やさしい日本語」の2つのグループに分けて理解度を測ったところ、「やさしい日本語」の方がより正しく理解できるということがわかりました。実験の詳細については、弘前大学人文学部社会言語学研究室のホームページに記載されていますので、こちらのページをご覧ください。




Q4 旧日本語能力試験3級程度とはどの程度なのですか?
A4  旧日本語能力試験3級程度とは、ひらがなや簡単な漢字を理解することができるレベルです。日本語能力試験は2010年の改定で、語彙や漢字のレベルが変更されました。「やさしい日本語」は、考案当初の旧日本語能力試験3級程度の語彙レベルに準拠しています。旧日本語能力試験の3級の目安は、基本的な文法・漢字(300字程度)・語彙(1,500語程度)を習得し、日常生活に役立つ会話ができ、簡単な文章が読み書きできる能力(日本語を300時間程度学習し、初級日本語コースを修了したレベル)です。改定後の基準ではおよそN3程度です。
 この基準は、小学校の3年生の教科書で習う程度の漢字とひらがな、およびカタカナによる表現であるともいえます。「やさしい日本語」のルールと国語教科書の内容を対比した結果、語彙や文の構造から見たやさしさがこれらの間でほぼ相当することがわかったためです。詳しくは「『やさしい日本語』におけるやさしさの基準について」のページで見ることができます。




Q5 どうすれば「やさしい日本語」を作ることができますか?
A5  誰にでも作ることができます。「やさしい日本語」の作り方のページを参照してください。また、詳しい作り方は『「やさしい日本語」作成のためのガイドライン』に載っています。普通の日本語から「やさしい日本語」への言い替えリストもありますので参考にしてください。
※『「やさしい日本語」作成のためのガイドライン』では、「やさしい日本語」文や「やさしい日本語」を使ったポスターの作り方などを載せています。




Q6 『増補版・災害が起こったときに外国人を助けるためのマニュアル』を見たいのですが、どこで見ることができますか?
A6  増補版マニュアルは弘前大学人文学部社会言語学研究室のホームページに記載されています。「やさしい日本語」の目次から『災害が起こったときに外国人を助けるためのマニュアル』へ進み、ご覧ください。自由にダウンロードしてご利用ください。




Q7 『増補版・災害が起こったときに外国人を助けるためのマニュアル』が欲しいのですが、どうすれば入手できますか?
A7  以前は、マニュアルの注文を受け付けていたのですが、現在は対外的には差し上げておりません。それは、右の写真の通りマニュアルのサイズは5p×30.5p×26pと大きいため、1冊にかかる経費が高く、印刷部数が限られているからです。
 そのため、現在マニュアルの入手方法は研究室のホームページからダウンロードしていただくのみとなっています。




Q8 「やさしい日本語」は災害時や普段の暮らしに役立つ情報提供のために実際に活用されていますか?具体的に教えてください。
A8  「やさしい日本語」は日本の多くの地域で実際に活用されています。青森県内から例を挙げると、青森県国際交流協会で「やさしい日本語による防災カード」を作成しています。また弘前市内では地域防災計画の1つとして、「やさしい日本語」を使った避難誘導標識を設置するなど、災害時に「やさしい日本語」を使って支援することが目指されています。
 このような「やさしい日本語」を用いた取り組みは、弘前市だけではなく、全国各地で行われています。2012年には、東京都や大阪府(大阪府と大阪市の各区)は地域防災計画の1つとして、「やさしい日本語」で情報提供することを決めています。また、区役所や図書館のような施設の案内などでも「やさしい日本語」を活用する例が多く見られています。弘前市のFMアップルウェーブでは「やさしい日本語」を使って生活情報を伝えています。
 日本各地の様々な「やさしい日本語」の活用については、「やさしい日本語」に対する社会的評価ページにまとめてありますのでご覧ください。




Q9 実用化にあたっての問題点は何ですか?
A9
 「やさしい日本語」で説明すると、簡潔にゆっくりと読むために情報量が少なくなってしまうことです。日本人が聞いても遅すぎてわかりにくくなってしまうことのないよう、また、外国人に対しても自然にわかってもらえる日本語にするための妥協点をこれから探っていかなければなりません。「災害時に外国人にも情報が伝わる放送の読み方スピードの検証結果」を公開していますのでご覧ください。


先頭へ

Q10 どうして研究室のホームページを「やさしい日本語」で表示しないのですか?
A10  研究室のホームページは、NPOや国際交流協会など、外国人支援をする日本人への情報提供窓口のような役割を果たしています。そのため、ホームページへの訪問者のほとんどが日本人であることを想定し、日本人が書きことばとして使う日本語を使って情報を伝えています。




Q11 「やさしい日本語」の研究にはどんな人たちが携わっているのですか?
A11  社会言語学研究室と「やさしい日本語」研究会が共同で研究を進めています。研究室と研究会は、2ヶ月に1度を目処とした定期的な研究会を開催しており、行政やマスコミ、NPO、ボランティア団体の皆さんに安心して「やさしい日本語」を使ってもらえるような改善や開発、工夫を重ねています。
 「やさしい日本語」研究会には、つぎのような人たちが参加しています。
  佐藤和之(研究代表者・弘前大学)
  伊藤彰則(研究分担者・東北大学) 
  坂本知己(研究協力者・さかもとともみクリニック)
  佐藤博彦(研究協力者・佐藤内科クリニック)
  庄司輝昭(研究協力者・NPOキャスト) 
  杉戸清樹(研究分担者・元国立国語研究所)
  中村康司(研究協力者・弘前地区消防事務組合)
  波多野厚緑(研究協力者・FMアップルウエーブ)
  馬場康維(研究分担者・元統計数理研究所) 
  藤盛嘉章(研究協力者・藤盛医院)
  前田理佳子(研究分担者・大東文化大学)
  松本功(研究協力者・ひつじ書房)
  水野義道(研究分担者・京都工芸繊維大学)
  御園生保子(研究分担者・東京農工大学)
  米田正人(研究分担者・元国立国語研究所)
                           (所属は2015年2月現在です)




Q12 どうして「『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」を作ったのですか?
A12  地域防災計画などで「やさしい日本語」を外国人用の情報伝達言語に位置付ける自治体が増えました。一方で、すべての漢字にルビを振っただけのアレンジされたやさしい日本語が使われるケースも多く見受けられるようにもなりました。このことに伴い、外国人によく伝わる理想的な「やさしい日本語」にするための詳細な規則を知りたいという要望が多く寄せられました。
 そこで、社会言語学研究室では原点に戻り、「どの国の外国人でも一人でバスに乗ったり、買い物ができたりする程度の日本語力」で災害時に的確な行動を起こせるような日本語表現を作るためのガイドラインを作成しました。このガイドラインは2010年1月17日に第1版を、2013年3月11日に第2版を発行しました。




Q13 「『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」は、これまでのホームページにあった「『やさしい日本語』の作り方」と同じものですか?
もし違うとしたら具体的にどう違うのでしょうか?
A13  ホームページに掲載している「『やさしい日本語』の作り方」では、ポスターや掲示物を書くために必要な書きことばについて規則化しました。「『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」は、それに加え、ラジオやテレビで放送するときに必要となる読みことばについても規則化しています。
 またガイドラインには「やさしい日本語」が作れるようになったかどうかが確認できる練習問題や、皆さんの作った「やさしい日本語」が適切な表現になっているかをチェックするためのリストを巻末に付けています。一人でも容易に学習できるような作りにしました。両方をご活用ください。




Q14 「増補版『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」は2013年刊行のマニュアルとどう違うのですか?
A14  「増補版『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」には、普通の文を「やさしい日本語」にする手順や規則も掲載しています。これは、これまでの卒業論文や研究室が行ってきた研究の成果をまとめたものです。誰もが「やさしい日本語」文を作れるようになるガイドラインを目指しました。
 また、「増補版・災害が起こったときに外国人を助けるためのマニュアル」では、災害が起きたときに必要となる情報の具体的な表現の方法を掲載しました。例えば、ラジオ放送などの放送に使える「やさしい日本語」の案文や、「やさしい日本語」を用いたポスターやビラなどの具体例です。
 「増補版・災害が起こったときに外国人を助けるためのマニュアル」には「増補版『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」が含まれています。「やさしい日本語」を使って情報提供をする際は、この2つを併せてご活用ください。




Q15 「増補版『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」ではどんな工夫をしたのですか?
A15  「増補版『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」の「やさしい日本語」作成ルールでは、「難しいことばを避け、簡単な語彙を使う」、「1文を短くして、文の構造にを簡単にする」などの項目ごとに例を挙げて説明しています。例を挙げることで「やさしい日本語」で文章を作ることに慣れていない人でも、作り方を理解しやすいようにしました。また、巻末には「やさしい日本語」チェックリストが掲載されています。作成した人が、自分で作った掲示物や原稿が適切な表現になっているかを確かめることができます。
 さらに、ガイドラインでは「やさしい日本語」を作ることができる最低限の情報だけを掲載し、「やさしい日本語」を知らない人でも手軽に読んで基本的な知識を学べるようにしました。
 重要度の高い情報に絞って、ページ数を少なくし、災害時でも容易に持ち運べるようにしました。




Q16 「増補版『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」が欲しい人はどうすればいいのですか?
A16  「増補版『やさしい日本語』作成のためのガイドライン」からpdfファイルをダウンロードできます。ご自由にダウンロードください。




Q17  どうして、Eラーニング版「わかる! 伝わる! はじめての『やさしい日本語』〜基礎文法編〜」を作ったのですか?
A17  「やさしい日本語」を使って外国人に情報提供をしている、あるいは情報提供を考えている自治体や国際交流団体の皆さんが、少ない時間で「やさしい日本語」を習得できるよう、またインターネット上で気軽に楽しく「やさしい日本語」を学ぶことができることを考えて作りました。
 Eラーニング版「わかる! 伝わる! はじめての『やさしい日本語』〜基礎文法編〜」
はこちら。




Q18 「やさしい日本語」は全国でどのくらい普及しているのですか?
A18  研究室の調べでは、2015年4月7日現在、日本の47都道府県すべてで「やさしい日本語」が活用されていました。
 「やさしい日本語」は様々な形で活用されており、事例としては防災パンフレットの刊行や防災計画への導入などが挙げられます。活用事例や活用団体を「やさしい日本語」に対する社会的評価のページにまとめていますのでご覧ください。なお、このページ情報は研究室が調査・確認し、偶数月第一週に更新しています。






Q19 ラジオや防災無線の放送による読み方スピードについての質問です。
単文は400拍/分で、連文は360拍/分と結果が違っていますが、どちらが良いのですか?
A19   放送に使う読み方スピードは、360拍/分が最善です。
 この読み方スピードは、コミュニティーFMや防災無線、自治体の広報車等で使用されることを想定しています。実際に広報車等で使用されている放送文は5〜6文によって成立する連文です。そのため、単文よりも実用性の高い連文での研究結果が最善と考えました。災害時に外国人にも情報が伝わる理想的な放送の読み方スピードは360拍/分です。





先頭へ

ホーム
QLOOKアクセス解析