やさしい
日本語
日本語観 日本の
言語外交
卒業研究 これまでの
活動
青森県の
方言
サイトマップ


お問い合わせ  ホーム  

   ごみ収集とペット斎場について

日本語

紙類及びプラスチック製容器包装の通常収集とペット斎場一頭火葬炉を再開します

1.紙類
 4月16日(土)から月2回の通常収集を再開します。

2.プラスチック製容器包装
 4月25日(月)から週1回の通常収集を再開します。

3.ペット斎場一頭火葬炉
 4月12日(火)からおおむね20Kg以下のペットを火葬する一頭火葬炉を再開します。
 20kgを超えるペットの火葬炉も順次再開します。
 ※ 一頭火葬炉:ペットの遺骨引渡しをご希望の場合の火葬炉です。
 ※ 複数頭火葬炉(遺骨引渡しを希望しない場合)はすでに再開しています。
 ※ 個別の収集については、ペット斎場へお問い合わせ下さい(日本語のみ)。もしくは仙台市災害多言語支援センター相談窓口で外国語による相談を受付しています。

 【問い合わせ】
 日本語:仙台市ペット斎場 Tel 373−7469
 英語・中国語・ハングル:仙台市災害多言語支援センター Tel 265−2471/224−1919

4.5月2日(月曜)以降は有料の指定袋を使用してください
 指定袋の各販売店への流通に目途がたったことから、5月2日(月曜)以降、家庭ごみとプラスチック製容器包装を出す場合は、有料の指定袋を使って出してください。
 4月中は、指定袋が手に入らない場合に限り、指定袋以外の袋(中身が見える透明、または半透明なもの)で出していただいても結構です。

5.ごみ減量と、分別徹底にご協力をお願いします。
「やさしい日本語」

(かみ)と プラスチックを いつもと (おな)じように (あつ)めます。
ペットの 斎場(さいじょう)()んだ ペットを ()く ところ> を 使(つか)うことが できます。
2011(ねん)4(がつ)12(にち) 午後(ごご)3()情報(じょうほう)です

1.ごみに ()す (かみ)を (あつ)めます
 4(がつ)16(にち)土曜日(どようび))から (あつ)めます。1か(げつ)に 2(かい)、いつもと (おな)じように (あつ)めます。

2.ごみに ()す プラスチックを (あつ)めます
 4(がつ)25(にち)月曜日(げつようび))から (あつ)めます。1週間(しゅうかん)に 1(かい)、いつもと (おな)じように (あつ)めます。

3.ペットの 斎場(さいじょう)()んだ ペットを ()く ところ>を 使(つか)うことが できます
 ()んだ ペットを ()く ところが 使(つか)えるように なりました。4(がつ)12(にち)火曜日(かようび))から 使(つか)えるように なりました。
 ●20キロより (かる)い ペットは、1(ぴき)ずつ ()くことが できます。ペットの (ほね)を (かえ)してもらうことが できます。
 ●20キロより (かる)い ペットは、(ほか)の ペットと 一緒(いっしょ)に ()くことも できます。ペットの (ほね)は (かえ)してもらうことが できません。
 ●20キロより (おも)い ペットは、まだ ()くことが できません。もう(すこ)し 時間(じかん)が 必要(ひつよう)です。

 ※一頭火葬炉(いっとうかそうろ)は、ペットの (ほね)を (かえ)してほしい(ひと)が 利用(りよう)して ください。
 ※複数頭火葬炉(ふくすうとうかそうろ)は、ペットの (ほね)を (かえ)してもらわなくても いい(ひと)が 利用(りよう)して ください。(ほか)の (ひと)の ()んだ ペットと 一緒(いっしょ)に ()きます。
 ※あなたが、()んだ ペットを 斎場(さいじょう)()んだ ペットを ()く ところ>まで、もってくることが できないときは、ペット斎場(さいじょう)に 電話(でんわ)して ください。(日本語(にほんご)

 もっと ()りたい(ひと)は、仙台市(せんだいし)ペット斎場(さいじょう)か 仙台市(せんだいし)災害(さいがい)多言語支援(たげんごしえん)センター※に 電話(でんわ)して ください。

 ●仙台市(せんだいし)ペット斎場(さいじょう)
  電話番号(でんわばんごう):022-373-7469
  使(つか)うことが できる ことば:日本語(にほんご)

 ※日本語(にほんご)で 相談(そうだん)することが できない(ひと)は、「通訳(つうやく)サポート電話(でんわ)」に 電話(でんわ)して ください。日本語以外(にほんごいがい)に、英語(えいご)中国語(ちゅうごくご)韓国(かんこく)朝鮮語(ちょうせんご)、タガログ()、ポルトガル()で、あなたの 相談(そうだん)を 手伝(てつだ)います。電話(でんわ)で 手伝(てつだ)ったり、あなたと 一緒(いっしょ)に いて 手伝(てつだ)うことも できます。無料(むりょう)です。お(かね)は いりません。

 ●仙台国際(せんだいこくさい)センター交流(こうりゅう)コーナー・通訳(つうやく)サポート電話(でんわ)
 http://www.sira.or.jp/japanese/exchange/support_telphone.html
 手伝(てつだ)って もらえる ことば:英語(えいご)中国語(ちゅうごくご)韓国(かんこく)朝鮮語(ちょうせんご)、タガログ()、ポルトガル()

 電話(でんわ)する ところ:仙台市(せんだいし)災害多言語支援(さいがいたげんごしえん)センター
 電話番号(でんわばんごう):022-265-2471 または 022-224-1919
 相談(そうだん)できる 時間(じかん)午前(ごぜん)9()から 午後(ごご)8()まで
 ○センターが (やす)みの ()が、(つき)に 1(にち)か 2日(ふつか)あります。(やす)みの () 以外(いがい)は、毎日(まいにち) 相談(そうだん)することが できます。
 ○無料(むりょう)<お(かね)が いらない>で 手伝(てつだ)って もらうことが できます。でも、電話(でんわ)を かけるときの お(かね)は 必要(ひつよう)です。

4.ごみを ()す 袋(ふくろ)に ついての お()らせ
 5(がつ)2日(ふつか)月曜日(げつようび))を ()ぎて ごみを ()すときは、 仙台市(せんだいし)が ()めた ごみの (ふくろ)を 使(つか)って ください。家庭(かてい)ごみ((なま)ごみ)と プラスチックを ()てるときは、仙台市(せんだいし)が ()めた お()を ()して ()った ごみ(ふくろ)を 使(つか)って ください。
 仙台市(せんだいし)が ()めた ごみ(ふくろ)を ()うことが できない(ひと)は、4(がつ)だけ、仙台市(せんだいし)が ()めた (ふくろ)で なくても いいです。その(とき)は (なか)が ()える (ふくろ)に、ごみを ()れて、()して ください。

5.ごみの 種類(しゅるい)を (ただ)しく ()けて ください
 ごみを (すく)なくして ()して ください。仙台市(せんだいし)が ()めた ごみの 種類(しゅるい)に (ただ)しく ()けて ()して ください。



先頭へ  ホーム

QLOOKアクセス解析